1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

『東京リベンジャーズ』9月30日で上映終了 興収43億円突破

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月21日 20時26分

写真

本年度トップクラスのヒットとなった『東京リベンジャーズ』 (C)和久井健 / 講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 週刊少年マガジンで連載中の和久井健による人気コミックを実写映画化した『東京リベンジャーズ』が、本年度実写最速ペースで興行収入43億円を突破したと、配給のワーナー・ブラザース映画が発表した。また、9月30日をもって上映を終了するという(一部劇場を除く・30日前に終了する劇場あり)。

 7月9日に全国350スクリーンで公開された本作は、初日から順調な興行を展開し、9月20日時点の累計成績は、動員323万9,019人、興行収入43億1,370万760円を記録。同社が配給した『るろうに剣心 最終章 The Final』が公開96日目で突破した興収43億円に、公開74日目で到達した。

 先週末の全国映画動員ランキングでも、公開11週にしてベスト10内に残っている本作だが、9月30日をもって上映を終了するとのこと(一部劇場を除く)。世界に目を向けると、8月にカナダのモントリオールで開催された、第25回ファンタジア国際映画祭のシュベル・ノワール・コンペティション部門への出品を皮切りに、香港、台湾、タイで順次公開。10月に開催される第26回釜山国際映画祭(10月6日~15日)オープンシネマ部門への出品も決定している。

 映画『東京リベンジャーズ』は、どん底生活を送る元不良の青年が、悲劇的な運命をたどる元恋人を救うため、タイムリープした高校時代で奮闘するアクション。主人公・タケミチ(花垣武道)役の北村匠海をはじめ、ドラケン(龍宮寺堅)役の山田裕貴、マイキー(佐野万次郎)役の吉沢亮など、原作キャラクターを再現した人気若手俳優たちの熱演も話題を呼んでいる。『映画 賭ケグルイ』『あさひなぐ』などの英勉監督がメガホンを取った。(編集部・入倉功一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング