1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

『マスカレード・ナイト』2週連続1位!田中圭&中谷美紀『総理の夫』が2位のスタート【映画週末興行成績】

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月27日 17時2分

写真

映画『マスカレード・ナイト』より (C) 2021東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

 土日2日間(9月25日~9月26日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、木村拓哉&長澤まさみ共演のミステリー『マスカレード・ナイト』が2週連続首位を獲得。土日2日間で動員23万9000人、興行収入3億4,800万円をあげ、2位以下を大きく引き離す強さを見せた。初登場作品に3本がランクインし、田中圭&中谷美紀共演の『総理の夫』が2位、古田新太&松坂桃李共演『空白』が6位、ジョニー・デップと真田広之ら日本人キャストの共演も話題の『MINAMATA−ミナマタ−』が10位となった。

 『マスカレード・ナイト』は、東野圭吾のベストセラー小説を映画化したヒット作『マスカレード・ホテル』から約2年ぶりとなる続編。カウントダウンパーティーが行われる大みそかのホテルを舞台に、木村演じる捜査一課の型破りな刑事・新田と、長澤演じる優秀なホテルマンの山岸が再びバディを組む。累計では動員133万人、興収18億円を突破している。

 2位の『総理の夫』は、人気作家・原田マハの小説が原作。日本初の女性総理大臣となった妻を中谷美紀が、その夫で鳥オタクの鳥類学者を田中圭が演じる。監督は『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』も大ヒット中の河合勇人。6位の『空白』は、第43回日本アカデミー賞で作品賞を含む主要三冠を獲得した『新聞記者』などで知られる河村光庸プロデューサーが、『ヒメアノ~ル』『BLUE/ブルー』などの吉田恵輔監督とタッグを組んだサスペンス。吉田監督がオリジナル脚本を手掛け、スーパーで万引きの疑いをかけられ、店長に追いかけられた末に事故死した少女の事件を巡る人間模様を描く。10位の『MINAMATA−ミナマタ−』は、日本の公害病・水俣病を世界に知らしめた写真家ユージン・スミスと当時の妻が1975年に発表した写真集「MINAMATA」をモチーフにしたドラマ。キャストにジョニー・デップ、真田広之、國村隼、美波ら。

 公開から11週目を迎えた4位の『竜とそばかすの姫』は累計で動員451万人、興収62億円を突破。10月22日よりMX4Dでの上映がスタートする。5位の『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』は累計で動員231万人、興収31億円、公開から12週目を迎えた7位の『東京リベンジャーズ』は動員328万人、興収43億円を突破している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング