1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

『スター・ウォーズ』ボバ・フェット単独シリーズ12.29日米同時配信決定

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月30日 1時23分

写真

ついにボバ・フェットの単独シリーズが来る! 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」USビジュアル (C)2021 Lucasfilm Ltd.

 映画『スター・ウォーズ』史上屈指の人気を誇るキャラクター、ボバ・フェットの活躍を描くオリジナルドラマシリーズ「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」が、12月29日(水)17時より、ディズニープラスで日米同時配信されることが明らかになった。発表に合わせて、同作の初画像となる、玉座に座るボバ・フェットの姿を捉えたUS版ビジュアルが公開された。

 ボバ・フェットは、『スター・ウォーズ』旧3部作に登場した腕利きの賞金稼ぎ。『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(1983)の戦いでサルラックに飲まれ命を落としたかと思われたが、ドラマ「マンダロリアン」シーズン2で再登場を果たし、お馴染みのアーマー姿で大活躍を見せた。ボバ役は、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)で彼のクローン元であるジャンゴ・フェットを演じたテムエラ・モリソンが務める。

 ファン待望の単独シリーズについてモリソンは「あまり多くは言えないのですが、今作では『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』以降の彼の過去を、彼の旅を知る事ができます」とコメントしている。かつて、『スター・ウォーズ』の生みの親であるジョージ・ルーカスが「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もカッコよくしたかった」と語ったともされる、隠された彼の歴史がいかにして紐解かれるのか。

 ディズニープラスでは同作のほか、ダース・ベイダーも登場するオビ=ワン・ケノービが主人公のドラマ「スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)」や「マンダロリアン」で実写デビューしたアソーカ・タノが主人公の「スター・ウォーズ:アソーカ(原題)」、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の前日譚「スター・ウォーズ:アンドー(原題)」ほか数々のオリジナルドラマの配信を予定している。(編集部・入倉功一)

「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」はディズニープラスにて12月29日(水)17時より独占配信開始

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング