1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

ローリング・ストーンズの米ツアー、ワッツさんの追悼映像で幕開け

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年9月29日 22時22分

写真

英ロックバンド、ローリング・ストーンズが26日、米ツアーを開始。ドラマーのチャーリー・ワッツさんが先月に80歳で死去して以来初めての公演となった。写真はワッツさんのトリビュート映像 (2021年 ロイター/Lawrence Bryant)

[26日 ロイター] - 英ロックバンド、ローリング・ストーンズが26日、米ツアーを開始した。ドラマーのチャーリー・ワッツさんが先月に80歳で死去して以来初めての公演となった。

 ミズーリ州セントルイスのアリーナでは、まず巨大なスクリーンにワッツさんのトリビュート映像が映し出され、ドラムソロがスタート。約6万人の観客が「チャーリー、チャーリー」と叫ぶ中、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ロン・ウッドがステージに登場し、オープニングナンバーの「ストリート・ファイティング・マン」を披露した。

 ジャガーは「スクリーン上のチャーリーの写真を見て、とても感動した。チャーリーがいないツアーは初めてだ」とコメント。また、ワッツさんに追悼メッセージなどを寄せたファンに感謝の意を表した。

 新型コロナウイルス流行で延期されていたツアーは11月に終了するが、ジャガーは先週のインタビューで「来年の状況が良く、皆がツアーに乗り気ならきっとやるだろう」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング