1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

「青天を衝け」脚本・大森美香、五代が主役のドラマにも意欲

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年12月3日 6時2分

写真

第37回「栄一、あがく」より。栄一(吉沢亮)と岩崎弥太郎の弟・弥之助(忍成修吾)の仲裁に尽力した五代友厚(ディーン・フジオカ) (C)NHK

 「日本資本主義の父」と称された実業家・渋沢栄一の生涯を描いた大河ドラマ「青天を衝け」で脚本を担当した大森美香が、最終回までの執筆を終えた現在の心境を明かした。

コロナ禍の影響は?

 幕末から近代にかけての激動の時代を、渋沢栄一(吉沢亮)の歩みと共に描いた本作。脚本を書き終えた大森は「書いている途中でコロナ禍になったりして。ちゃんと放送されるんだろうかといろいろなことが心配でしたが、きちんと最終回まで書き終えることができてホッとしております。このまま最終回まで無事に放送されたらいいなと思っております」と晴れやかな表情。

 コロナ禍で、普段とは違うスタイルでの執筆を余儀なくされたという大森。撮影現場に様子を見に行くことも難しくなったこともあり、当初は「実際に役者さんたちがこんな風に動いているのかというのを見ながら書けたらいいなと思っていたんですが、それもできなくなって。現場との一体感を感じられない心細さはありました」というが、「実際に放送されてからは視聴者の方の声が聞こえてくるようになり、すごく励まされたので、そこからはワクワクしながら書いておりました」と視聴者の反響の声に支えられたことを述懐する。

 途中、オリンピック期間中に放送を中断したことなどもあり、放送回数は全41回。大河ドラマとしては決して多い話数ではない。自分が置かれた状況によって立場を変えながら生きてきた栄一の人物像を描き出すためには、彼の中にあるどっしりとした幹のようなものが必要だった。その軸は子ども時代にあると考えた大森は、「(母の)ゑい(和久井映見)さんの大きな愛情と、(父の)市郎右衛門(小林薫)さんからの厳しくも、人生とはこういうものなんだという教えといった素養のようなものを描くことが大事だと思った」と言い、「だから本当はもうちょっと、(大人になってからの)後半も書けるといいなと思っていたんですが……」という思いも。

栄一と慶喜のシーンが増えた理由

 本ドラマでは、栄一と草なぎ剛演じる徳川慶喜との関係も話題を呼んだが、大森自身、二人のシーンを書いていくうちに「もっと二人のシーンを増やしたい」という思いになったという。「草なぎさんの演技は、2話の能の面が外れたときからずっとビックリしながら見ていました。草なぎさんを見て、慶喜ってそういう人だったんじゃないかなと思わされるところも多くて。何を考えているのかわからないところもあるけど、絶対に悪い人じゃないなというものが草なぎさんからにじみ出ている。それがよく出ているのが平岡円四郎(堤真一)さんとのシーンで、慶喜さんの愛情深さがよく出ていたなと思いました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください