1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

菅田将暉「ミステリと言う勿れ」に高まる期待!整くんビジュアルが大評判

シネマトゥデイ 映画情報 / 2021年11月30日 8時2分

写真

「ミステリと言う勿れ」オフショットより (C)田村由美/小学館(C)フジテレビジョン

 菅田将暉主演の2022年1月クールの月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」(1月10日スタート、毎週月曜21時~21時54分※初回は90分スペシャル)の公式SNSでは、随時撮影時のオフショットが投稿され、ドラマへの期待が高まっている。

 本作は、累計発行部数1,300万部を突破する田村由美の人気漫画に基づくミステリー。天然パーマがトレードマークの大学生・久能整(くのう・ととのう)が、淡々と自身の見解を述べるだけで難事件や人の心の闇を解きほぐしていく。菅田にとって、月9出演は「ラヴソング」(2016年4月期)以来約6年ぶり、フジテレビ系連続ドラマでの主演は初となる。

 公式Twitterでは、菅田演じる整がダッフルコートにチェックのマフラー、赤い傘を持った姿や、薄手のベージュのコートに赤いトップス、チェックのショールを巻いた姿などを公開。刑事役の伊藤沙莉、尾上松也、筒井道隆、遠藤憲一らの姿もあり、菅田が藪鑑造役の遠藤と待機中に台本の読み合わせをしていたり、風呂光聖子役の伊藤、池本優人役の尾上とストーブを囲んでいたり。整が「可愛い」「美しい」とうなぎ上りで、初回を心待ちにする声が続々寄せられている。

 公式Twitterで「みなさんはどちらがお好き?」と、#雨の日の整くんと#晴れの日の整くんのオフショットが投稿された際には、雨派、晴れ派と意見が分かれるなか「選べません」「究極の選択」とうれしい悲鳴も挙がっていた(結果は雨バージョン)。

 特報では「友達も彼女もいません。だれも遊びに来たことはないです」とよどみなく話す整に、風呂光と池本がドン引きするコミカルな場面もあり、菅田演じる整の一筋縄ではいかないキャラクターが垣間見える。(編集部・石井百合子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください