ファーギーとジョシュ・デュアメルの離婚手続きが完了

シネマトゥデイ セレブゴシップ / 2019年6月4日 16時32分

オシドリ夫婦と呼ばれていたのに……。 Albert L. Ortega / Wireimage / Getty Images

 ブラック・アイド・ピーズのボーカルとしても知られる歌手のファーギーと、『トランスフォーマー』シリーズなどで活躍する俳優のジョシュ・デュアメルの離婚手続きが正式に完了したとE!Onlineなどが報じた。

 裁判所の記録によると、ファーギーは31日(現地時間)にカリフォルニア州パサデナの裁判所でジョシュとの離婚を申請とのこと。2人は2009年1月に結婚したが、2017年9月に破局したことを発表していた。ファーギーは2013年にステイシー・アン・ファーガソンという名前からファーギー・デュアメルという名前へ法的に改名していたが、今回に離婚に合わせて元の名前に戻すことを裁判所に要求していると、米TMZ.comは伝えている。

 また、2人には現在5歳になる息子アクセルくんがおり、ファーギーは彼の法的共同親権を求めているという。破局から2年が経つが、ファーギーとジョシュは共同育児に献身的に取り組んでおり、昨年8月にはスーパーヒーローをテーマにした彼の5歳の誕生日パーティを開いて一緒にお祝いしていた。

 ジョシュは昨年12月に俳優ダックス・シェパードのポッドキャスト番組「Armchair Expert」に出演し、自身のこれからとファーギーとの現在の関係について次のように語っていた。「俺はもう30歳じゃない。45歳だ。もっと子供が欲しいとも思う……数年以内には。だから、子供を作ることができるくらいには若い子を見つけた方がいいってことなんだろう? 誰かと適当に付き合えればいいわけじゃない。一緒にいることができて、家族を持つことができる女の子を探したいんだ。だって、ファーギーと俺はすごく良い関係を築いている。彼女のことを愛しているし、それはこれからも変わらない。残念ながら、俺らはうまくいかなかったけど、これからもずっと彼女を支えるし、彼女は俺の子供の母親だよ」(Ai Ono)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング