『ボヘミアン・ラプソディ』カップル交際順調!超ラブラブ2ショット

シネマトゥデイ セレブゴシップ / 2019年9月3日 13時1分

絵になる二人 Jacopo Raule / GC Images / Getty Images

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』で共演し、交際に発展したラミ・マレックとルーシー・ボーイントンのラブラブな姿がキャッチされた。

 同作でクイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーを熱演し、オスカーに輝いたラミと、彼が愛した女性メアリー役を務めたルーシー。二人は先日、イタリアで開催中の第76回ベネチア国際映画祭に出席。堂々と仲良く手をつないで歩いたり、そろってフォトコールに応じるなど、交際は順調のようだ。

 二人の熱愛が報じられたのは昨年4月。今年に入ってからはオープンな交際を続けており、ラミは第91回アカデミー賞で主演男優賞を受賞した際、スピーチの最後で「ルーシー・ボーイントン、キミはこの映画の中心で、非常に才能がある人だ。僕のハートをわしづかみにしたよ。本当にありがとう」と愛のメッセージを送っていた。(編集部・中山雄一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング