「サイコだけど大丈夫」ソ・イェジがヒロイン!芸能界から裏社会、政財界につながる闇を暴く『不夜城の男』

シネマトゥデイ セレブゴシップ / 2020年10月4日 11時1分

 話題の韓国ドラマ「サイコだけど大丈夫」のソ・イェジがヒロインを務める映画『不夜城の男』が11月、シネマート新宿・心斎橋の「のむコレ2020」で上映される。

 閉店寸前の数々の飲食店を立て直し、水商売の世界で絶賛成り上がり中の男チャヌ。そんな彼が勝負に出たのが、江南で最大のクラブの開店。成功に欠かせないのは「金」と「頭脳」。「金」は裏社会にも顔が利くチョン社長から調達し、「頭脳」は政財界に人脈を持ち、同じくクラブの受付から敏腕マネージャーに成り上がったウニョンをスカウトした。

 クラブの開店に向けて順調に準備が進む中、チャヌがかつて手掛けた店で有名なラッパーが暴れているという一報が入る。チャヌが駆け付けると、ラッパーは麻薬でハイになっていた。チャヌは知り合いのパク刑事に情報を流し、パクはラッパーから芋づる式に麻薬の出どころを突き止めようとするが……。

 本作は、夜の街で成り上がっていく主人公が、芸能人の薬物乱用事件をきっかけに、裏社会、政財界につながる巨大な闇を暴いていく痛快な逆転劇。チャヌ役はドラマ「刑務所のルールブック」で知られ、これが映画初主演となるパク・ヘス。「サイコだけど大丈夫」で愛を知らない情緒不安定な童話作家コ・ムニョンを熱演したソ・イェジがヒロインのウニョンを演じる。

 今月9日からスタートする「のむコレ2020」は、シネマート新宿・心斎橋の番組編成担当・野村武寛氏がアジア映画に強いシネマートらしく、韓国・中国・香港をはじめ、世界中の話題作を集めた劇場発信型映画祭。『不夜城の男』は11月6日~12日、シネマート心斎橋にて、11月13日~26日、シネマート新宿にて上映される。(編集部・中山雄一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング