2014年8月登録車セールスランキングでアクアがトップながらナント前年比30%減

clicccar / 2014年9月8日 6時3分

自販連(日本自動車販売協会連合会)調べによる2014年8月の国内乗用登録車(軽自動車は含みません)販売ランキングが発表されています。

ランキングの前に、2014年8月の登録車のセールスについてですが、乗用・商用を合わせた全体として前年同月比95.0%。中でも小型乗用車(5ナンバー)は86,659台で前年同月比90.1%と大きく落ち込んでいます。消費税増税の影響がなくなるどころか、その影響はますます大きくなっているともいえそうです。

なお、普通乗用車(3ナンバー)全体の販売台数は91,090台で前年同月比98.2%。昨年8月は小型乗用車のほうが多く売れていましたが、今年8月は3ナンバーの登録台数が上回るという結果。いわゆる庶民の生活が苦しいという実感が、数字にも現れているといえそうです。

トップ3が5桁なものの、4位以下は4桁の販売台数に終わった今月のセールスランキングです。今月もトップはトヨタ・アクアでしたが、前年同月比では68.8%と大きく落ち込んでいます。さらに、プリウスは前年同月比で63.7%となり、ハイブリッドカーの落ち込みが目立ちます。

なお、2位は前月3位からアップしたホンダ・フィット。フィットについては、1.3リッターガソリン車の主力グレードが燃費改善によりエコカー免税対象となったことで、非ハイブリッド車のセールスが好調で、それがランクアップにつながったといえそうです。

●2014年8月新車乗用車販売台数ランキング(自販連調べ)
1位   トヨタ アクア 14,543台
2位  ホンダ フィット 13,369台
3位 トヨタ プリウス 10,675台
4位  トヨタ ヴォクシー 8,531台
5位 ホンダ ヴェゼル 7,985台 
6位  トヨタ カローラ 6,651台
7位  日産 ノート 6,622台
8位 スバル レヴォーグ 5,391台
9位 トヨタ ヴィッツ 4,811台
10位  トヨタハリアー 4,673台

全体に台数が落ち込んでいる中で、デビュー時のバックオーダーを抱えているスバル・レヴォーグは高価格帯のモデルながらトップ10に食い込んできたのが目立ちます。

10位にはトヨタ・ハリアーがランクイン。これにより、トップ10内のミニバンは4位のヴォクシーだけとなっているのも時代の変化を感じさせます。

clicccar

トピックスRSS

ランキング