メルセデス・ベンツGLAクラスの上質な乗り味に驚き!

clicccar / 2014年9月21日 19時3分

東京、乃木坂にある「Mercedes-Benz Connection」や、すぐ近くのミッドタウンにある「Mercedes me」にはカフェなどがあり、誰もが気軽に利用できる空間としてすっかり定着した感があります。

そこでは最新のメルセデス・ベンツやスマートの展示だけでなく、最新モデルの試乗も可能で、さらに多彩なグッズも販売されています。

現在は新型Cクラスがイチ押しなのは想像できますが、9月に2回ほど私が立ち寄った際には「GLAクラス」が目立つように展示されていました。

都内でもかなり見かけるようになったGLAクラスは、少し小さいクラスだとVWポロ、日本車ではスバルXVのような、ハッチバック(Aクラス)をベースとしたクロスオーバー。

ハッチバックやセダンでは飽き足らない層に支持されているコンパクトSUVは、GLAクラスよりも少し小さめのサイズで、価格帯も異なりますが、最近ではプジョー2008やルノー・キャプチャー、フォード・エコスポーツ、日本車ではホンダ・ヴェゼルもよく売れています。

今回試乗したのは、「GLA250 4MATIC Sports」で車両本体価格は499万円! サイズは全長4455×全幅1805×全高1495mmで、5mmくらいなら入りそうですが、幅方向に1800mm制限のあるマンションなどの駐車場では微妙なサイズではあります。

467万円の新型C180アバンギャルドが手に入る価格帯ですから、走りなどの完成度はどうなのかな? と少し懐疑的な目をも含めて走り出しました。

グレードやタイヤサイズで差はあるでしょうが、AクラスやCLAクラスが結構硬めの足まわりで、街中ではかなりハード目という印象。ですが、このGLAクラスに乗ると思いのほか洗練された、いや、かなり快適といえるセッティングなのに驚かされます。

考えてみると、GLAクラスはAクラス派生のクロスオーバーSUVですが、メルセデスではGクラスを筆頭とした、GLKクラスに続く5番目のSUVという立ち位置をGLAクラスに与えています。

すぐ上の兄貴分のGLKクラスも何度乗ってもこの乗り心地は素晴らしい! と思える上質さを感じさせるものですから、GLAクラスがこうした足まわりのセッティングになっていても不思議ではありません。

なお、最新(イヤーモデル)のAクラスは乗り心地がより改善しているそうで、メルセデスらしく着々と熟成が進んでいるそう。

スタイリングはそれぞれ好みがありますが、もしデザインとコンセプトが気に入れば、GLAクラスの乗り味をディーラーや「Mercedes-Benz Connection」などで試す価値は十分にあります。

■「GLAクラス」発売!メルセデスも満を持してコンパクトSUVに参入
http://clicccar.com/2014/06/07/257657/

■GLAの4WDなら安全装備充実の「GLA 250 4MATIC Edition 1」オススメなワケは?
http://clicccar.com/2014/06/11/257976/

■新型メルセデスベンツ Aクラスは見た目通りスポーティなのか?
http://clicccar.com/2013/02/27/213880/

■メルセデス・ベンツCLAとAクラスの走りに違いは?【メルセデス・ベンツCLA試乗02】
http://clicccar.com/2013/09/11/230325/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング