ホンダも超小型EVでワンウェイ型カーシェアリングの社会実験をさいたま市で実施

clicccar / 2014年9月21日 8時3分

日産が横浜市で、トヨタが豊田市で実施しているカーシェアリング。

ホンダもさいたま市で10月1日〜11月30日までの間、超小型EVの「MC-β(エムシーベータ)」を使ったワンウェイ型カーシェアリングの社会実験を実施します。

さいたま市とホンダで構成する「さいたま市小型電動モビリティ利活用推進協議会」によるもの。

大宮駅周辺に34か所のカーステーションを設置し、合計9台の「MC-β」を使って、さいたま市民・市内企業従事者ならびに同市への来訪者の登録会員を対象に、目的地のカーステーションで乗り捨て可能なワンウェイ型カーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」というコピーで認知を図るそうです。

今回の社会実験により、移動距離の少ない都市部における小型電動モビリティの活用方法やニーズのさらなる探索を行うとのこと。

カーステーションのひとつであるさいたま市営桜木駐車場(さいたま市大宮区)に運営事務所が設置され、2014年9月30日には開所セレモニーも開催されます。

ワンウェイ型を含むカーシェアリングの普及は、都市部の移動をより便利に、渋滞や駐車場、環境問題などの解決の一助になりえますし、バス廃止など交通公共機関の補完としても期待できます。

■  メルセデス・ベンツなどがワンウェイ(乗り捨て)カーシェアリングを開始する狙いは?
http://clicccar.com/2014/07/29/263278/

■  トヨタが1人乗りEV「TOYOTA i-ROAD」のモニター調査を首都圏で実施
http://clicccar.com/2014/03/27/250245/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング