三菱自動車がプラグイン・モーター4WDコンセプトを世界初公開【パリモーターショー2014】

clicccar / 2014年9月24日 6時3分

2014年10月2日から始まる、パリモーターショー2014において、三菱自動車がアウトランダーPHEVをベースとしたコンセプトモデルを世界初公開します。

『アウトランダーPHEV Concept-S』と名付けられたこのモデルは、スポーティ&ソフィスティケーテッドをテーマに特別な内外装を与えることで、ツインモーター4WDの力強さとスムースネスをアピールするショーカーとなっています。

インテリアは「ブラック&バーガンディ(強めのワインレッド)」を基調に、木目にシルバーをあしらった加工や職人の手仕上げによる本革シート、漆箱をモチーフとしたフロアコンソールなど工芸品を思わせるもの。まさに、ジャパンテイストの洗練と先進性をアピールします。  

エクステリアは、スリーダイヤを中心に置いたフロントグリルをクロームモールで縁取ることにより、三菱自動車のSUVであることを強烈にアピール。切れ上がった形状のヘッドライトは、プラグインハイブリッドのダイナミックなパフォーマンスを予感させるもの。また、公開された写真からはオーバーフェンダーの装着も確認できます。

ベースとなったアウトランダーPHEVよりも全長で105mm、全幅40mm、全高は20mmほど大きくなった『アウトランダーPHEV Concept-S』、パワートレインは基本的に市販車から大きく変わっていないようですが、マイナーチェンジや次期モデルなどのディテールを想像させる一台といえそうです。

●アウトランダーPHEV Concept-S主要諸元
全長:4760mm
全幅:1840mm
全高:1700mm
ホイールベース:2670mm
エンジン:2.0リッター4気筒DOHCガソリン
駆動モーター:永久磁石式同期モーター2基
駆動方式:ツインモーター4WD
バッテリー:リチウムイオンバッテリー(総電力量 12kWh)

clicccar

トピックスRSS

ランキング