幻の高級魚「真はた」も提供 スシローの「海と田んぼプロジェクト」がたまらない

clicccar / 2014年10月10日 13時30分

うむ。これは行かねばなるまい!

知ってます。知ってますよ。全国にはね、まだまだ知らない魚が、食べたことない食べかたが、いっぱい存在しているってことを。この魚も私は知りませんでした。「真はた」。市場にはほとんど流通しないため、幻の高級魚と呼ばれているそうです。

その「真はた」、熊野灘で獲れた「真はた」を、なんと本日10月10日からスシローで販売するというのです! どうしてそんなことが可能なのか? それは、スシローの「海と田んぼプロジェクト」のおかげなんですね。

この「海と田んぼプロジェクト」、どういうものかというと、“うまいすし”の原点となる食材を、生産者の方と直接協議、協働して育成・生産することで、美味しい商品をできるだけ低価格で、全国に安定的に提供することができる、スシロー独自のスキームだそうです。 その一環として、この「真はた」、そして滋賀県の東近江市で作られる「スシロー専用米」が提供されるのです。

この「海と田んぼプロジェクト」では、三重県の尾鷲で養殖を行っている生産者と共同でこのプロジェクトを推進し、「真はた」の全国展開を実現したというわけです。事業戦略説明会で、スシローの社長は「三重漁連さんとのご縁から生産者をご紹介いただき、生育状況を確認しながら、この秋の出荷が可能になりました。幻の魚と言われる高級魚、チェーン店では恐らく初の取り組みではないでしょうか」と説明していました。

魚好きの私としては、たいへん気になるところですが、この「真はた」、ウェブサイトを見ると「透明感のある美しい白身は、極めて美味。しっかりした肉感と独特のうまみが楽しめます」。ちなみに現地ではマスとかハタマスと呼ばれているそうです。鍋にして食べたりするのもポピュラーなようですが、やはり「いちばん美味しい食べかたは刺身。すしで食べるのがいちばんの贅沢」と、スシローの社長も断言します。

なんか画像見てるとすごく旨そうなんですけど……。数量に限りがあるので、なくなり次第終了。早めに行かないと食べられないかもしれません。これは逃せない!
この「海と田んぼプロジェクト」に今後も注目ですね。スシローは、家族で行ってもリーズナブルだし、クルマでさっと行けちゃう店舗が多いので、ありがたい。これからもめちゃくちゃ楽しみです!

■海と田んぼプロジェクト
http://akindo-sushiro.co.jp/umi_tanbo/

(まめ蔵)

clicccar

トピックスRSS

ランキング