発売目前のトヨタ「FCV」、早くもオーダーが1,000台に!

clicccar / 2014年10月22日 6時3分

トヨタ自動車が1992年以来、20年余りの歳月を費やして開発して来たFCV(燃料電池車)をいよいよ12月に発売するそうです。

これまで同社はFCV発売時期を2014年度内(~2015/3)としていましたが、生産準備が整ったことから世界に先駆けて年内に市販することに。

「MIRAI(ミライ)」と名付けられたFCVは豊田市の元町工場で生産準備が進められており、当初は官公庁向けを中心としつつ一般向けにも20台/月規模で販売する予定。

発電を担う燃料電池(スタック)本体と、高圧水素タンクの製造は本社工場が担当。

約3分間の水素充填により650kmの走行が可能で、トヨタによれば車両価格は約700万円、政府からの補助金により実質500万円程度となる見込みと言います。

日経新聞によると、同社が約700台/年の生産を予定している中、現時点で既に購入希望台数が1,000台近くに達しているいるようで、今後インフラ整備の進捗に合わせて増産も視野に入れている模様。

販売地域は水素ステーションの整備が進む4大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡) が中心となるようで、来夏には欧米でも発売するそうです。

来年早々にはいよいよトヨタのFCVが日本の街を走り出すことになります。

clicccar

トピックスRSS

ランキング