国交省からイエローカード!? リコール連発のホンダは大丈夫!?

clicccar / 2014年10月25日 19時3分

2014年4〜9月期の登録車の新車販売ランキングで、10万4340台で1位のトヨタ・アクアには差をつけられていますが、ホンダ・フィットは9万2440台で2位。

ヴェゼルも5万7693台で5位にランクインしています。

10月23日にホンダが発表したリコールは、フィットとヴェゼルのほか、N-WGN/N-WGNカスタムで、フィットとヴェゼルのオーナーなら「今回で何回目?」とうんざりしているかもしれません。

ご存じのとおり、フィットとヴェゼルHVには、ホンダ初のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせています。ハイブリッドはすでにモノにしているはずで、これほどDCTでつまずくとは思っていなかったはず。

23日のリコールは、じつに約42万台で、ハイブリッドだけでなく純ガソリン車にも及んでいます。

その原因は「点火コイル内部の電気ノイズを除去する雑防抵抗の構造が不適切なため、点火時の通電によるアーク放電により、当該抵抗端末部が断線するものがあります。そのため、点火コイルの出力が不足してエンジン不調となり、エンジン警告灯が点灯するおそれがあります。また、点火時に発生するノイズにより燃料噴射装置が正しく制御できず、エンジンが停止するおそれがあります」。

また「電源供給回路において、電気ノイズに対する保護が不十分なため、車両の電装部品から発生するノイズの影響により電源制御ユニットが誤作動することがあります。そのため、エンジン制御コンピューター等に電源を供給するリ レーが作動せず、走行中にメーターパネルが消灯し、エンジンが停止するおそれがあります」と、今回はハイブリッドやDCTがらみではありませんが、新聞などの一部報道によるとさすがに多すぎる! と国交省からも指導が入ったとのことです。

ホンダは、「モーターとエンジンを組み合わせて制御するシステムの開発過程において、さまざまな使い方を想定した検証が不十分であったことです」と主な原因を表明し、再発防止策として、「従来の品質保証体制を見直し、品質問題の撲滅に向けて改革を進めてまいります」と品質保証体制の強化を掲げ、ユーザーに迷惑を掛けたとして、役員報酬の一部返上も実施するそうです。

新型にスイッチしたホンダ・フィット、そして渾身作のヴェゼルもまずまず好調といえる販売台数になっていますが、度重なるリコールがなければアクアを超えて登録車トップを奪取し、ヴェゼルももっと上乗せがあったのでは? と思ってしまいます。しかし、技術力には定評のあるホンダですから、これからの巻き返しに期待したいところです。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング