「タカタ」エアバッグ不具合、米780万台、日本224万台に!

clicccar / 2014年10月27日 8時3分

NHTSA(米運輸省道路交通安全局)が20日、日本のタカタ製エアバッグの不具合に関して、安全上の観点からリコール対象となっている米ユーザー向けに「直ちにリコールに応じるように」との緊急声明を発表。

20日時点では米国に於ける不具合対象車数を470万台としていましたが、翌21日に610万台に、さらに22日には780万台へとリコール対象を拡大しました。

今回不具合が起きているのは2000-2004年当時に生産されたエアバッグ。

リコール内容としては衝突時にエアバッグを膨張させるインフレーター(ガス発生装置)内のガス発生剤の成型や吸湿防止工程に不具合が有り、密度不足のままガス発生材を組み込んでしまったため、衝突時に異常破裂して金属片が飛散、ドライバーなどが負傷する危険性が有るというもの。

画像はイメージ(出展 IIHS)

このエアバッグ問題は現在NHTSAが追跡しているほか、米連邦検察当局が捜査を進めており、ブルームバーグによると現段階で少なくともホンダ車などで4名の死亡者が出ていると言います。

タカタの最大の顧客であるホンダはエアバッグ選定の再点検を進めていると表明。

23日には新型「フィット」などの度重なるリコールで顧客に迷惑をかけた責任を真摯に受け止めるとして、伊東社長が月額報酬の20%、その他の役員は10%をそれぞれ3カ月間返上すると発表しました。

リコールに絡むブランドはGM、クライスラー、フォード、BMW、トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、富士重などの一部車種で、米国で販売されている殆どのブランドが対象となっており、その中に米車や欧州車が含まれている点が注目されます。

また特に緊急対応が必要な地域はフロリダ州やメキシコ湾に近い地域、グアム、サイパン、ハワイとしており、地域が偏っているのは不具合が温度や湿度の高い地域で起きやすいことが背景に有るようです。

これほどまでに一社のインフレーター不具合が多くのクルマに拡大したのは、タカタの世界市場に於けるシェアが22%と高く、世界の自動車各社が共通化された同社製インフレーターを採用していたことに起因しています。

現在インフレーターのシェアで競合するのは最大手の「オートリブ」と「ダイセル」、「タカタ」の3社程度でハイリスクな部品に手を出すメーカーが少ないのが実情とか。

一方、国内では昨年4月11日に自動車各社が一斉に国交省へリコールを届け出ており、内訳を調べてみると、ホンダが約28万台、トヨタが約31万台、日産が約14万台、マツダが約0.4万台で、合計約73.4万台。

その後、今年の6月11日から10月23日にかけて約151万台分の追加リコールが申請されており、リコール総数は224万台以上に。

今回の問題は国内で対象車を保有するユーザーにも直接関係するものなので、中古車、輸入車を含めフレームナンバーが該当する場合はできるだけ早く最寄の販売店に持ち込んで正常なインフレーターへの交換が望まれます。

<国交省リコール届出一覧>
ホンダ 
http://www.mlit.go.jp/common/001046705.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001046702.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/000994588.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/000994585.pdf

トヨタ
http://www.mlit.go.jp/common/001042959.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/000996633.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/000994593.pdf

日産
http://www.mlit.go.jp/common/001058090.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/001044172.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/000994563.pdf

マツダ
http://www.mlit.go.jp/common/001047082.pdf
http://www.mlit.go.jp/common/000994566.pdf

スバル
http://www.mlit.go.jp/common/001046484.pdf

■NHTSA(米運輸省道路交通安全局) 
  Webサイト  緊急声明文 

 Avanti Yasunori 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 http://clicccar.com/2014/10/24/274864/

clicccar

トピックスRSS

ランキング