鹿児島県 甑島でEV「使用済み2次バッテリー」再利用実証

clicccar / 2014年10月29日 8時3分

鹿児島県薩摩川内市と住友商事が、離島における再生可能エネルギーの利用環境整備に向けて、EVの使用済み2次バッテリーを再利用する「EVリユース蓄電池システム」の導入で協定を締結したそうです。


(出展 薩摩川内市)

離島の電力系統は小規模なため、天候によって発電量が大きく変化する太陽光発電システムなどが大量に接続されると電力需給バランスを保ちきれず、場合によっては停電に陥る可能性があると言います。


(出展 薩摩川内市)

こうした環境下で再生可能エネルギーシステムを普及させるには電力を貯める蓄電池システムを導入するなどの対策が必須。

そこで自治体が主体となってEVの使用済み2次バッテリーを再利用した低コスト事業モデルの確立を目指し、鹿児島県薩摩川内市の「甑島」に蓄電池システム設置、インフラ整備事業を構築・検証することになったもの。


(出展 住友商事)

設備導入にあたっては環境省からの補助金を活用、来年度上半期中の完成を目指しており、使用済み2次バッテリーについては住友商事と日産の共同事業会社「フォーアールエナジー株式会社」から供給を受ける模様。 

また導入時の技術的なサポートについては薩摩川内市から九州電力に協力を要請するそうで、再生可能エネルギーシステム導入に課題を抱える他の離島等にも展開可能な事業を目指すとしています。

■鹿児島県 薩摩川内市 Webサイト
http://jisedai-energy-satsumasendai.jp/next-energy/

■住友商事 Webサイト
EVリユース蓄電池導入事業 (PDF資料)

clicccar

トピックスRSS

ランキング