トヨタ「エスクァイア」発表会にはバットマンと吉川晃司さん登場

clicccar / 2014年10月29日 20時15分

騎士という名の高級コンパクトキャブワゴン、トヨタ「エスクァイア」が発表されました。

2004年をピークに縮小傾向を示す日本国内の3列シート車マーケットですが、小型車(5ナンバー)サイズのミニバンは、いまだ大きな存在感を示しています。その激戦区に、NEWフェイスの登場です。

発表会において、同車のチーフエンジニアである水澗 英紀(みずまひでき)氏は、「価格より品質」、「ライフスタイル重視」といったようにモノ選びの基準は変化しているといいます。

そのイメージムービーはこちら。

そうした状況から、「新上級コンパクトキャブワゴン」という新たな価値観を提案するのが、トヨタの新型車「エスクァイア」というわけです。

発表会にはCMキャラクターにもなっているバットマンと、常に上を目指し戦い続ける男に乗ってほしいという「エスクァイア」のイメージに合わせて吉川晃司(きっかわこうじ)さんが登場しました。

来年50歳となる吉川さん。震災後には、21年振りに元BOØWYの布袋寅泰さんとのユニット「COMPLEX」を再結成し、チャリティーライブを行なうなど、常にチャレンジを続けています。

会場では、しなやかさを持ち合わせながら常に主体性を持った人間でありたい、と語っていました。

CMに登場するのはバットマンです。

バットマンがなぜエスクァイアに? という疑問を投げかけるのが最初のCM。

そして、日を置いて、その回答となるCMがオンエアされるようです。

大型グリルやLEDヘッドランプによりマッシブかつ先進的なフロントマスクとしたエスクァイア。パワートレインは2.0リッターバルブマチックと1.8リッターハイブリッド。メーカー希望小売価格は、Xiが2,622,857~3,043,543円、Giが2,823,428~3,204,000円となっています。

clicccar

トピックスRSS

ランキング