わずか30台限定! BMW M235iクーペの特別限定車「M Performance Edition」が登場

clicccar / 2014年11月8日 16時33分

スタイリッシュなスタイルに全長4470×全幅1775×全高1410mm(M235iクーペ)と日本の道路事情でも気を使わずに走れるボディサイズ。BMW2シリーズは、輸入車の2ドアコンパクトクーペを物色する人にとって無視できない存在であるはず。

なかでもBMW M235iクーペは、コンパクトなボディに3.0Lの直列6気筒DOHCエンジンを搭載し、326ps/5800rpm、450Nm/1300-4500rpmというスペックを誇るホットなモデルに仕上がっています。

11月15日から30台限定で発売される「BMW M235i M Performance Edition」は、ベース車と同じスペックの3.0L 直列6気筒BMW M Performanceツインパワー・ターボ・エンジンをフロントノーズに押し込み、6MTもしくは8速スポーツATと組み合わせるのも同じ。

しかし、特別な限定車らしく、BMWモータースポーツのテーマ・カラーである「アルピン・ホワイト」のボディカラーを採用し、BMWスポーツを印象づけています。

足元は「バイ・カラー(オービット・グレー/ポリッシュ)」が印象的な専用19インチ「BMW M Performanceライト・アロイ・ホイール(鍛造)」で軽量化をしながら、ベース車よりも走りの良さを予感させるデザインも特徴。

さらに、「BMW M Performanceカーボン・ミラー・カバー」や「BMW M Performanceカーボン・リヤ・スポイラー」、「BMW M Performanceアクセント・ストライプ」、「BMW M Performanceブラック・キドニー・グリル」などの特別装備によりレーシーな雰囲気を濃厚に漂わせています。

ほかにも、タイヤの空転を防いでトラクションとコントロール性をさらに向上させる機械式LSDを特別装備し、あらゆる走行状況においてよりスポーティな走りを実現。

気になる価格は、ベース車の601万円(6MT)、615万円(8速スポーツAT)に対して、75万円高の676万円(MT)、690万円(8速スポーツAT)となっています。

ファンにとっては75万円の差額は、「M Performance Edition」の魅力の方が勝るはずで、30台限定ですからあっという間に完売しそうです。

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング