アクアが6か月連続トップ。2014年10月登録車セールスランキング

clicccar / 2014年11月11日 7時33分

2014年10月の登録車(軽自動車は除く)の新車販売ランキングが日本自動車販売協会連合会より発表されました。

乗用車全体としては普通自動車が102,415台(前年同月比93.8%)、小型自動車が104,268台(前年同月比84.3%)。比較的、安い価格帯と思われるカテゴリーの失速が目立ちます。

しかしながら、セールスランキングのトップは6か月連続でトヨタ・アクア。小型車に逆風といえる流れの中でも着実に実績を積み重ねています。

また、2位は前年同月比で58.0%と台数を減らしながらもホンダ・フィットが死守、3位にはトヨタ・プリウスといったおなじみのトップ3となっています。さらに4位には4月から6か月連続でヴォクシーがランクイン。いまや「不動のトップ4」といえる状況です。

●2014年10月 登録車乗用車セールスランキング(海外ブランド除く)
1位 トヨタ アクア 18,031台 
2位 ホンダ フィット 13,506台
3位 トヨタ プリウス 13,183台
4位 トヨタ ヴォクシー 10,735台
5位 トヨタ カローラ 8,407台
6位 日産 ノート 8,036台
7位 ホンダ ヴェゼル 7,663台
8位 トヨタ ハリアー 6,665台
9位 トヨタ ノア 6,550台
10位 マツダ デミオ 6,102台

トップ10のうち6台をトヨタが占めるランキングとなっていますが、注目は10位のデミオ。

話題の1.5リッター・クリーンディーゼル車は10月23日からの発売ですから、ディーゼルの販売がはじまり、12月には4WDも追加されることで、10月の実績以上のセールスを伸ばしていくことが予想されるのです。

ヴィッツをトップ10圏外に押しのけてランクインしてきたデミオの動向が、2014年度後半の台風の目となる予感、そんな2014年10月のセールスランキングです。

clicccar

トピックスRSS

ランキング