新型レガシィをマニア目線で徹底チェック!【エクステリア編】

clicccar / 2014年11月13日 19時3分

9月24日に登場した6代目レガシィ。これまでのレガシィから大きく変わり、ツーリングワゴンやターボモデルをラインナップからはずし、セダンB4とSUVのアウトバックの2本立てで登場しました。

今回は、大幅に質感の向上したスバルのフラッグシップモデルである新型レガシィを、マニア目線でチェックしてみました。

まずはアウトバックですが、SUVらしくボディの下側は樹脂製のプロテクターが装備されています。この樹脂製プロテクターですが、サイドの部分はSUVならではの工夫がされています。

 

サイドスカートの形状をへこませることで衣服に汚れがつきにくい形状となっているのがアウトバックならではの特徴といえます。また、上級グレードのLimitedにはB4、アウトバックともにメッキの加飾が備わり、より上質なイメージとなっています。

このサイドスカートのメッキ加飾は、レガシィの上質なイメージにマッチするアイテムですが、実は4代目レガシィでも6気筒モデル(ツーリングワゴン・B4 3.0R系)に装備されていたほか、先代レガシィでも中国仕様には装備されていた定番のアイテムともいえます。

 また空力性能も向上している新型レガシィでは、水温・油温に応じて必要のないときにはシャッターを閉じて空力性能を向上させるアクティブグリルシャッターを装備しているほか、アウトバックには先代モデルではオプション装備となっていたリヤスポイラーを標準装備しています。

ピラー部分はB4、アウトバックともに光沢のあるピアノブラックサッシュが採用され、こちらも先代の無塗装のものと比べるとエクステリアの質感向上に一役買っています。

 先代レガシィから採用された光輝ウインドモールもレガシィのアイデンティティとして定着。レヴォーグやフォレスターのNAモデルでは下側だけのタイプとなっているため、よりレガシィの上質なイメージを感じ取れる部分といえるでしょう。

ホイールは、B4、アウトバックともにベースグレードが17インチ、Limitedが18インチとなり、PCDはレガシィ初の114.3となりました。 レヴォーグ、WRXとともに、カスタマイズ派にもうれしい変更といえるでしょう。

タイヤはB4にダンロップSPORT MAXX050を採用。レヴォーグやWRX S4に採用されているものと同一の銘柄となります。

 

アウトバックにははじめてサマータイヤを採用。ベースグレードにはヨコハマタイヤのジオランダーG98を、Limitedにはブリジストンのデューラー H/P SPORTを装着。クイック化されたステアリングギアレシオとあいまって、オンロード性能も向上しています。 

エクステリアも質感を向上させた新型レガシィは、フラッグシップにふさわしい佇まいと、スバルらしいこだわりを感じさせる仕上がりとなっています。

(井元 貴幸)

clicccar

トピックスRSS

ランキング