409.9万円と買いやすくなった2.0LターボのVWティグアン

clicccar / 2014年11月18日 16時33分

フォルクスワーゲンのSUV、Tiguan(ティグアン)に、新グレード「2.0TSI Leistung 4MOTION」が誕生しました。

これまで、最高出力160馬力の1.4リッターTSI(直噴ガソリンターボ)のFWDグレード(3,583,000円~)と、179馬力の2.0リッターTSIエンジンを積む2.0TSI R-LINE(4,737,000円)をレギュラーモデルとして用意してきたティグアンですが、新グレードの「 2.0TSI Leistung 4MOTION」は2.0リッターTSIエンジンながらメーカー希望小売価格を4,099,000円と抑えているのが特徴です。

“Leistung(性能、効率を意味するドイツ語)”というサブネームにふさわしいコストパフォーマンスを持った新グレードといいうわけです。もちろん安心感のある4WDの駆動系となっています。

用意されるボディカラーは、ピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、ナイトブルーメタリック、ワイルドチェリーメタリック、チタンベージュメタリックの全6色。なお、ワイルドチェリーメタリックは受注生産となっています。

●ティグアン2.0TSI Leistung 4MOTION 主要スペック
車両型式:ABA-5NCCZ
全長:4430mm
全幅:1810mm
全高:1710mm
ホイールベース:2605mm
車両重量:1640kg
乗車定員:5名
エンジン形式:直列4気筒DOHCガソリン直噴ターボ
最高出力:132kW(179PS)/4500-6200rpm
最大トルク:280Nm(28.6kg-m)/1700-4500rpm
変速装置:7速DSG
駆動方式:4WD
燃料消費率:11.5km/L(JC08モード)

(山本晋也)

clicccar

トピックスRSS

ランキング