マツダ「CX-3」画像ギャラリー(エクステリア編)─ デミオとの共通性は?

clicccar / 2014年11月21日 11時33分

日産ジューク、ホンダ・ヴェゼルなどの国産勢に加えて、プジョー2008、ルノー・ルーテシア、フォード・エコスポーツなどBセグメントのハッチバックをベースとしたコンパクトSUVが世界的な流行になっています。

ほかにも、スズキからも「iV-4コンセプト」をベースとした(次期エスクード?)コンパクトSUVも出てきそうですし、トヨタも「C-HRコンセプト」をパリモーターショーで披露しています。

CX-3もデミオという欧州でも戦えるBセグメントの王道に投入され、さらにデミオをベースとしたSUVも欲しいところで、今回のワールドプレミアは「来たか!」と登場を楽しみにしている人にとって朗報であるはず。

「都会での街乗りからアウトドアまでシーンを問わず、お客様の創造的なライフスタイルをサポートすることを目指して開発されました」というリリースの一文を引用するまでもなく、初代RAV4などが切り拓いたオンロード系のコンパクトSUVとして仕上げられているようです。

デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用したというエクステリアは、デミオ同様にダイナミックで、全体のバランスの良さは写真を見る限り個人的にはですが、CX-3の方がいいような気もします。

オンロード重視といっても、新世代AWDシステムを採用しているそうですから、走りの面でも期待大です。

■ マツダのコンパクトSUV「CX-3」をワールドプレミア 
http://clicccar.com/2014/11/19/278854/

(塚田勝弘)

clicccar

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング