マツダ・ロードスター(MX-5)画像・動画ギャラリー ─ 日本仕様との違いは?

clicccar / 2014年11月23日 8時3分

2014年9月に世界3か所で同時公開されたマツダの4代目ロードスター。そのイメージムービーが公開されました。

累計販売台数は初代ロードスターから数えて94万台弱。その半数近い44万台強は北米市場で売れています。

そのメインマーケットであるアメリカで開催されているロサンゼルスオートショーへの出展に合わせて、ロードスター(現地名:MX-5)に関する情報、画像なども追加発表されています。

●北米仕様MX-5(ロードスター)目標スペック
全長:154.1インチ(3915mm)
全幅:68.1インチ(1730mm)
全高:49.0インチ(1245mm)
ホイールベース:91.1インチ(2315mm)
エンジン:SKYACTIV-G 2.0(直噴ガソリン)
ランスミッション:SKYACTIV-MT(6速)
フロントサスペンション:ダブルウィッシュボーン
リヤサスペンション:マルチリンク
ステアリング:ラック・アンド・ピニオン(電動アシスト)
ブレーキ:前ベンチレーテッドディスク 後ソリッドディスク
タイヤサイズ:205/45R17

『心ときめくデザイン』、『夢中になるドライビング体験』、『リフレッシュできる気持ちよさ』といった歴代ロードスターに共通する3つの領域に加えて、『自分らしいオリジナルなクルマを育てる楽しさ』を進化させることがテーマに掲げられている、次期・4代目ロードスター。

すでにアメリカ・セマショーで2.0リッターエンジンのグローバルレース仕様が公開されていますが、グラス・ルーツ系レースはもちろん、ストリートでの開放感を味わえる「オリジナルな一台」を想像したくなるイメージムービーも公開されています。

 

公開されたムービーは、初代・2代目・3代目のロードスターを楽しむユーザーを紹介した上で、4代目へとつながるイメージを示すもの。そして、4代目ロードスターの走行シーンを集めたものとなっています。

clicccar

トピックスRSS

ランキング