トヨタMIRAIだけじゃない。フォルクスワーゲンの燃料電池車【LAオートショー2014】

clicccar / 2014年11月24日 16時33分

ロサンゼルスオートショーにて、フォルクスワーゲンが、燃料電池車を発表しました。

ゴルフ・スポーツワゴンをベースに作られた燃料電池車「HyMotion」は、日本でも発表されているゴルフの電気自動車「e-Golf」 の駆動モーターを使い、そのエンジンコンパートメント内に燃料電池ユニットを搭載。リヤサスペンション周辺にバッテリーや水素タンクを配置しています。

 

もともと、フォルクスワーゲンのモジュラープラットフォームであるMQBでは、こうした燃料電池車も視野に入れているといいます。

ゴルフスポーツワゴン(ヴァリアント)をベースに仕上げた燃料電池車「HyMotion」は高圧水素タンクを4本にわけて配置するなどして、専用ボディを持たないコンバージョンタイプながらキャビンへの影響を最小限におさえているのが特徴です。

●燃料電池関連スペック
燃料電池種類:固体高分子形
水素タンク使用圧力:70MPa
航続可能距離:310マイル(約500km)
システム出力:100kW(136PS)
0-100km/h加速:10秒

日本ではトヨタが市販モデル「MIRAI」を発表、ホンダも燃料電池専用モデルのコンセプトを発表したばかりですが、カルフォルニアでのゼロ・エミッションニーズに対応してドイツ系メーカーのフォルクスワーゲンも燃料電池車へ尽力していることをアピールしています。

clicccar

トピックスRSS

ランキング