デミオのセダン版もかなりスポーティ!「Mazda2」セダンが世界デビュー

clicccar / 2014年11月24日 11時33分

日本ではコンパクトセダンのニーズもしくはマーケットが縮小してしまっていますが、東南アジアでは根強い人気があり、ホンダ・シティやトヨタ・ヴィオスなど日本勢も小型セダンを同マーケットに投入しています。

今回、マツダが11月28日から開催される「タイ国際モーターエキスポ2014」で披露されるのは、新型「Mazda2」のセダン。

なお、「Mazda2」は2010年1月にタイで発売されて以来、約12万台を販売しているそうで同国におけるマツダの最量販乗用車。

新型の「Mazda2」は、タイのエコカー優遇制度(第2期)に認定されており、マツダは同車の導入によりタイにおける拡販を狙うとのこと。

新型「Mazda2」セダンは、見た目からわかるようにデミオのセダン版で、デミオ譲りのスポーティさに加えて、端正なプロポーションと力強いスタイリングが魅力です。

このほか日本ではデミオの名で売られている新型「Mazda2」ハッチバックのタイでの一般初公開も予定されており、両モデルにクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載。

なお、同国における新型「Mazda2」の販売開始時期は2015年初頭を予定とのことで、おそらく日本には入ってこないのでしょうが、法人を中心に一定の需要はあるのではないでしょうか。

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング