豊田社長がトヨタのイベントTGRFで日産GT-Rの助手席に乗ったワケは!?

clicccar / 2014年11月25日 6時10分

11月23日に静岡県の富士スピードウェイで行われたTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2014(以下:TGRF 2014)は、毎年、富士スピードウェイで開催される、トヨタ自動車が主催するトヨタファン感謝イベントです。

当日は天候にも恵まれ3万8000人もの自動車ファンが来場。オープニングではトヨタ自動車の豊田章男社長が86でドーナツターンを披露し、「スタート・ユア・エンジンズ!」のかけ声でイベントがスタート。サーキットの本コースでのレースやタイムアタックはもちろん、AKB48 Team8によるライブや、GTドライバーのトークショーなど、様々な会場で、様々なイベントが同時多発的に行われました。

詳しいことはTGRF 2014のHPを見て頂くことにして、ここでは公式HPでも紹介されていない、あるハプニングを紹介したいと思います。

そのハプニングはTGRF 2014のドリフトパフォーマンスを行うドリフトコースで起こりました。ドリフトコースでは、Team TOYO TIRES DRIFTのD1マシンによるデモランや同乗体験走行などが開催されていたのですが、この日2回目の同乗走行時間に、とある大物が来場したのです。

その大物とはトヨタ自動車の豊田章男社長。各会場で行われるイベントの視察をしている時でしたが、たまたま訪れたのが同乗走行の直前でした。もちろんドリフトパフォーマンスの関係者が「ちょうど同乗走行の時間なのですが、同乗走行に乗られますか?」と伺うと、ふたつ返事で「乗ります! 乗ります!」と快諾。

しかしTeam TOYO TIRES DRIFTのトップドライバーである川畑選手が操るのはニッサン車のGT-R。トヨタ自動車の社長がニッサン車の乗るのか? と思っていましたが、ためらいも無くニッサンGT-Rに乗り込み同乗走行をスタートしてしまったのです。

 

いやー、こんな光景はなかなか見られるものではありません。自動車メーカーの社長が、他社の自動車に乗ってドリフトイベントを楽しむなんて…。

しかも川畑選手はいつも以上に白煙を多く出す盛大なドリフトパフォーマンスで豊田社長を魅了。カメラを向けると豊田社長もノリノリ! 貴重な時間をしっかり(ちゃっかり)楽しんだようです。

それにしても現場でのとっさの判断とはいえ、「乗りますか?」に「乗ります!」と即答して実行するなんて、本当に自動車が大好きな社長さんなんですね。車好きの社長が率いるトヨタ自動車、改めて好きになりました。こうなると今後は川畑選手が操るニッサンGT-Rにも負けないFR車をトヨタ自動車から登場させて欲しいモノ。

次期スープラは、今回の同乗走行での体験が活かされて登場することを期待せずにはいられません。

(石井健之)

clicccar

トピックスRSS

ランキング