メルセデス・ベンツがプラグインハイブリッドを「S550」に追加、価格は1590万円

clicccar / 2014年12月1日 6時3分

内燃機関を使うハイブリッドカーに、電池充電機能を持たせたプラグインハイブリッドは、エネルギー利用のバランスやインフラの面から、現時点では実用的な環境自動車のひとつの解といわれています。

国産ではトヨタ・プリウスPHVやホンダ・アコードプラグインハイブリッドといったモデルが市販され、ポルシェ(パナメーラS Eハイブリッドなど)、BMW(i8など)もラインナップしていますが、メルセデス・ベンツもプラグインハイブリッドを用意しました。

それが、「S550 プラグイン ハイブリッド ロング」です。

普通充電(200V)に対応、約4時間で満充電できるというリチウムイオン電池を搭載。欧州モードでは33kmものEV走行が可能で、燃費性能は13.4km/L(JC08モード)としています。

さらに、メルセデス・ベンツの安全技術「インテリジェントドライブ」のセンサーなどを利用して、EV走行距離を伸ばすためのインフォメーションや、無駄な燃料消費につながる不要な加速をドライバーにつたえる機能も備えているということです。

エンジンは3.0リッターV6ガソリン直噴ツインターボとなり、駆動モーターと合わせたシステム出力は325kW(442PS)と発表されています。これは4.6リッターV8ツインターボを搭載するS550の335kW(455PS)に匹敵するものです。

●ハイブリッドパワートレインスペック
エンジン形式:V型6気筒ツインターボ
 総排気量:2996cc
 最高出力:245kW(333PS)/5250-6000rpm
 最大トルク:480Nm(48.9kg-m)/1600-4000rpm

モーター形式:交流同期電動機
 最高出力:85kW (115PS)
 最大トルク:350Nm(35.7kg-m)

メーカー希望小売価格は、消費税込1590万円。前述したV8ツインターボのS550ロングと同価格に設定されていますが、プラグインハイブリッド車はクリーンエネルギー自動車導入補助金を最大85万円ほど設定されている点も注目です。

(山本晋也)

clicccar

トピックスRSS

ランキング