広島県警にマツダCX-5のパトカーが配備

clicccar / 2014年11月30日 19時3分

初代・魂動デザイン&SKYACTIVテクノロジー・フル搭載モデルのCX-5が広島県警に配備されました。

これから冬期に向けて、厳しい気象・路面状況が予想されるところで、マツダが広島県警高速隊にモニター車両として提供したのがCX-5・XD・4WDというわけです。

白黒ボディのパトロールカーとなったCX-5。そのモニター提供車両にクリーンディーゼルの4WDが選ばれたのは、高速道路でのパフォーマンスと環境・経済性能を両立させていることにあります。

また、CX-5に採用されたマツダ最新の4WDは、車両の状態に合わせて常に最適な駆動配分制御できるという特徴があり、これは冬期での厳しい運用にアドバンテージあり、ということで選ばれたといいます。すなわち、事故などのトラブルにおいても迅速に駆けつけるであろうことが期待されるのです。

もちろん、そうした事故などのトラブルは発生しないに越したことはありません。

それにしても、マツダファンにとっては注目といえる、2台のCX-5パトロールカーです。

clicccar

トピックスRSS

ランキング