325kgも軽量化、アウディ新型Q7はデトロイトショーにて世界初公開

clicccar / 2014年12月14日 11時33分

アウディのSUVフラッグシップである「Q7」がフルモデルチェンジ、2015年初めのデトロイトモーターショーにて世界初公開されることが発表され、オフィシャルフォトが公開されています。

現在、日本では正規販売されていないQ7は5/7シーターのラージサイズSUV。これまで以上にスクエアなイメージで、存在感を増したニューモデルの価格は、およそ6万1000ユーロ(約900万円)~。2015年春から予約開始、同年夏にはユーザーの手元に届くということです。

ポイントはダイエット。従来モデルに対して325kgも軽量化、26%もの燃費改善を果たしているといいます。

アウディQ7のグレード構成は次のようになるとアナウンスされています。

Q7 3.0 TDI(5人乗り/7人乗り)
Q7 3.0 TFSI(5人乗り/7人乗り)

3.0 TDIの最高出力は200kW、CO2排出量は163-149g/km。3.0TFSは最高出力245kW、CO2排出量は193-179g/kmと発表されています。

さらに市販車としては世界初となるディーゼル・プラグイン・ハイブリッドのQ7 e-tron quattroも2015年内にはリリースされる予定ということです。17.3kWhものリチウムイオン電池を積む、このプラグインハイブリッドカーは56kmをEV走行することができ、システム出力は275kW。CO2排出量は50g/km以下となる模様です。 

(山本晋也)

clicccar

トピックスRSS

ランキング