スバル・ステラもフルモデルチェンジで全方位大幅に進化

clicccar / 2014年12月17日 8時3分

スバル・ステラも先代同様にダイハツからOEMを受ける形で、新型にスイッチしました。

以前から営業担当者と付き合いがあったり、販売店が近かったりするなど、買いやすい状況であればOEM車でも選択する価値は十分になります。

新型ステラの進化の内容は、もちろんダイハツ・ムーヴと同じですが、軽自動車の本流である低価格、低燃費を磨き、上質感を付加しているというもの。

外観では、上質な表面処理を施された専用グリルと、開口部にスバル車共通のヘキサゴンモチーフを継承した立体的な造形のバンパーにより、ひと目でスバル車とわかるフロントフェイスデザインが特徴です。

内装は立体感を抱かせるインパネ/ドアトリムの先進的なメーター、上質なシート表皮を採用し、内・外装ともに課題に掲げたクオリティアップを図っています。

ボディカラーでは、迫力・存在感を際立たせる2トーンカラーを新設定しているのが注目ポイントで、ステラ12色、ステラカスタム13色を展開。

また、ステラカスタムにはブルーステッチをあしらった本革&ファブリックシートなどをパッケージにしたプレミアムセレクションも設定することで、さらなる上質感を求めるニーズにも応えています。

3代目スバル・ステラの価格帯は、113万4000円〜171万7200円です。

■新型ダイハツ・ムーヴが登場! 5つの魅力で巻き返しを図る!
http://clicccar.com/2014/12/13/281912/

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング