トヨタ・ハイエース/レジアスエースが一部改良で燃費と走りを向上、特別仕様車「スーパーGL DARK PRIME」も設定

clicccar / 2014年12月19日 8時3分

現行型の登場から10年半が経ても圧倒的な人気を誇るハイエース。今回、レジアスエースとともに一部改良を受け、ガソリン車の燃費を向上し、4ATから6ATにオートマチックの多段化を図るなど、ランニングコストの低減と洗練された走りへとアップデートが図られています。

具体的には、ガソリンエンジンに「Dual VVT-i(吸・排気連続可変バルブタイミング機構)を採用するなどにより、ガソリン車全車の燃費性能を向上させると同時に、「平成27年度燃費基準+10%」を達成。「平成17年度基準排出ガス50%低減レベル」の認定とあわせ、「エコカー減税」の対象になったのが朗報(仕様により異なります)。

また、ガソリン車のトランスミッションを従来の4速ATから6速AT(シーケンシャルシフトマチック付)に多段化。よりスムーズな走行を実現するとともに、マニュアル感覚のシフトチェンジも可能になっています。さらに、リヤシートベルト(外側3点式、中央席2点式)をバンの全車に標準装備。

今回の一部改良では、ハイエース/レジアスエースに特別仕様車「スーパーGL  DARK PRIME」も設定されています。最上級グレードの「スーパーGL」をベースに、ダークメッキを施したメッキフロントグリル、メッキバックドアガーニッシュを採用するなど、より力強い印象を受けるエクステリアとしています。

内装では、シート表皮に合成皮革&ダブルステッチが施され、運転席まわりに黒木目マホガニー調加飾やダークシル バー加飾を施すなど、質感を向上。

ほかにもLEDヘッドランプ(クリアスモーク加飾)、スマートエントリー&スタートシステム、ステアリングスイッチも標準装備されています。

ボディカラーには、高級感と上質感をプラスする特別設定色「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」(オプション設定)を含む全5色を用意。

まず、ハイエース(バン)、レジアスエース(バン)の価格帯は、226万2109円〜311万7273年、ハイエース(ワゴン)は267万2509円〜379万2763円、ハイエース(コミューター)は、300万437円〜345万1885円。

そして、特別仕様車の「スーパーGL  DARK PRIME」は、299万3563円〜382万2218円となっています。

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング