ランエボXファイナルエディションは480馬力!?【東京オートサロン2015】

clicccar / 2014年12月26日 8時3分

2015年1月9日に開幕する東京オートサロン2015 with NAPAC(会場:幕張メッセ)に、三菱自動車が『ランサーエボリューションX Final Concept』を出品することが発表されました。

マットブラックのボディに、グロスブラックのグリル&スポイラーを組み合わせた精悍なルックスの、最終進化形ストリートモデルであるとアナウンスされています。

ベースモデルに選ばれたのは、5速MTの「GSR」グレード。最終進化形にふさわしく、その心臓部である4B11型2.0リッターターボエンジンは480馬力まで高められているといいます。

エンジンチューンには、日本を代表するチューニングパーツメーカーであるHKSのパーツやノウハウが投入されているといいます。

具体的には、HKS製のスポーツタービン、吸排気系パーツ、燃料系パーツ、冷却系パーツ、ECUを採用していることが公表されています。

HKSのラインナップでは、純正交換タイプのスポーツタービンで480PS、62.0kg-mを狙えるキットを用意していますから、このコンセプトモデルの仕様というのは、リアリティのあるものです。

また、フットワークも、HKSの車高調サスペンション「HIPERMAX MAX4SP」で引き締め、足元は19インチにアップ。レイズの鍛造ワンピースホイール「VOLK RACING G25」、タイヤはヨコハマの「ADVAN NEOVA AD08R」を履いているということです。

(山本晋也)

clicccar

トピックスRSS

ランキング