新型マスタングが350台限定車から日本に上陸する理由とは?

clicccar / 2015年1月6日 8時3分

フォード・マスタングは、サーキットだけでなく映画やテレビなどの文化にも欠かせないアメリカを象徴するモデルです。

ロングノーズ&ショットデッキ、3分割されたリヤコンビランプなどデザイン・キーとなるフォルムやディテールは、時代が移り、世代を超えても連綿と受け継がれています。

新型マスタングは、まず2015年春に左ハンドルの誕生50周年記念「50 YEARS EDITION」の350台限定車から導入され、2015年後半にはマスタング初となる右ハンドル車を設定。

限定車は「2.3L直列4気筒ターボ+6速AT」の組み合わせで、2015年後半には右ハンドル導入と同時に5.0L V8エンジンとコンバーチブル仕様も導入されます。

6代目となる新型マスタングは、プラットフォームを一新し、新設計の四輪独立サスペンション、ダウンサイジングされた2.3L直列4気筒はフォード初のツインスクロールターボを搭載するなど、同社の新しい技術が惜しみなく投入されています。

今回、右ハンドル車を待たずに350台限定の「50 YEARS EDITION」を日本にいち早く導入したのは、現行型が販売を終えると2015年後半まで空白期間ができてしまうための対処であり、もちろん、日本の熱烈なファンにいち早く新型を届けたいというインポーターの思いもあります。

まずは北米向けから生産がスタートしていて、日本への導入も早いタイミングだそうですからうれしいところ。従来の北米中心からグローバルモデルになる新型マスタング。今回の350台限定車は、北米仕様がベースで、2015年後半からのカタログモデルは、欧州仕様をベースに日本向けに仕立てたモデルが上陸するそうです。

デザインなどディテールについては、こちらの記事をご参照いただければと思いますが、「MUSTANG 50 YEARS EDITION」の価格は465万円と発表されています。

clicccar

トピックスRSS

ランキング