新型フォード・マスタングは2.3L直列4気筒でも「走るのか?」

clicccar / 2015年1月7日 11時33分

全長4790×全幅1920×全高1380mmというワイド&ローのボディに、1660kgという車両重量を有する新型フォード・マスタング。

マスタングといえば、やっぱり野太いエンジン音を響かせるV8、少なくてもV6エンジンをイメージする方が多いと思いますが、新型マスタングの主力エンジンは、2.3Lの直列4気筒にダウンサイジング化されています。

それでも先代のV6エンジンの309ps/378Nmを上回る314ps/434Nmを発揮するのが自慢で、燃費も同社の測定値でJC08モード9.8km/Lという好成績を収めているそうです。

オールアルミ製の新エンジンは、低慣性ターボチャージャー、直噴システム、吸排気独立可変バルブタイミングなどのフォード自慢の「Eco Boost」の技術に加えて、フォード初のツインスクロールターボによりスロットルレスポンスを高めています。

V6から2気筒減っていますが、バランスシャフトを内蔵することで静粛性や滑らかな加速フィールを実現しているとのこと。

実際に走り出すと、2.3Lの直列4気筒とは思えない豊かなトルクでグイグイと速度を上げていくのは排気量や車種こそ異なれど「Eco Boost」らしい特徴で、V6よりもエンジン重量が軽くなった恩恵は確実に感じることができます。

剛性強化と軽量化、振動騒音低音などが施された6ATは、より洗練されたシフトフィールを味わえますが、パドルシフトが備わったのも朗報です。

(塚田勝弘)

clicccar

トピックスRSS

ランキング