トヨタRAV4ハイブリッドは電動四駆を採用

clicccar / 2015年4月7日 11時33分

ニューヨークオートショー2015において、トヨタは北米市場をリードするSUVモデル「RAV4」のハイブリッドモデルを発表しています。

THS IIといわれるトヨタのハイブリッドシステムには、組み合わせるエンジンや駆動方式などいつくかのバリエーションがありますが、RAV4に搭載されるシステムは、2.5リッターガソリンエンジンの四輪駆動ハイブリッドになるということです。

トヨタの横置き系ハイブリッドで四駆となると、リヤタイヤはモーターだけで駆動する電動AWDになりますが、そのハイレスポンスな駆動制御は、安心と安全につながるといいます。またレジャーユースとしては重要なトーイングキャパシティ(牽引能力)は1650kgとアナウンスされています。

低速トルクと環境性能を両立する四輪駆動ハイブリッドシステムだけでなく、衝突被害軽減ブレーキや前走車追従クルーズコントロールなど最新の先進安全技術「トヨタセーフティ センス」も採用するという RAV4ハイブリッド。欧州では2016年に発売予定とアナウンスされています。 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング