教習所の教官に激しいドリフトをお見舞いする女性【動画】

clicccar / 2015年4月8日 20時33分

アジア系らしき女性が運転の上達を目的に教習所へ。彼女が普段から乗っている愛車はチューニング車然としたマットブラックのS15シルビア。

早速助手席に教官が乗り込んで運転の指導を始めますが、何やらこの女性、緊張しているのか、はたまた運転がヘタ過ぎるのか、いきなりエンストの連発。

走り出してもアクセルワークが酷く、クルマがギクシャクしてまともに走れません。

さすがの教官もすっかり呆れ顔になった次の瞬間、とんでもない事態が発生。

何と、この女性、まともに走れないにも拘わらず、街中から広場に出るや、いきなりアクセル全開でドリフトをキメながら激しく旋回し始めるではありませんか!

余りの恐怖に教官はパニックに陥り、悲鳴をあげまくる始末。

「ぶつかるぞ~」と叫ぶ教官を尻目に激しいドリフトを続ける彼女に頭にきた教官はクルマが止まるや怒って降りてしまいます。

実はこの動画、教習所からの依頼で新人教官達にドッキリを仕掛けた際のもの。

 

その後事情を把握した教官達は「やられた」と笑って許してくれたそう。

このシルビアを運転している女性は「レオナ・チン」というマレーシアのプロレーサーで、素顔はアジア系美人ですが、ドッキリ仕掛け中はダサいメガネ女子に変装。

ドライビング・テクニックは勿論折り紙付きながら、ヘタレな演技も中々のもの。

ドリキン土屋氏も「スジがいい」と褒める程の彼女、英語、マレー語、中国語など多くの言語にも精通しており、マレーシアラリー選手権やロータスレディースカップ・アジアなど様々なモータースポーツイベントに出場しているようです。

それにしてもそんなレオナ嬢のキャリアを知らない教習所の教官達にしてみれば運転がヘタな女性に「キレてアクセル全開」をお見舞いされた日にはその恐怖たるやハンパ無いに違い有りません。

 

日本でも近頃は土屋氏の影響からか、サーキットで素晴らしいドリフトをキメる女性が増えているようですが、運転のヘタな男性にはとても彼女達の彼氏は務まらないかもしれません。

レーシングドライバー Leona Chin
https://www.facebook.com/GirlDrifterLeonaChin

 (Avanti Yasunori)

clicccar

トピックスRSS

ランキング