【SUZUKA Sound of ENGINE 2015】鈴鹿に響くレジェンド・サウンド

clicccar / 2015年5月24日 18時11分

5月23・24日にSUZUKA Sound of ENGINE 2015が鈴鹿サーキットで開催されました。このイベントは素晴らしいエンジン音を奏でる伝説のマシンだけでなく、レジェンドと呼ばれるライダーが集結し、鈴鹿サーキットにそのエキゾーストを響かせました。

伝説のマシンはF1などの4輪車でけでなく、2輪の最高峰レース世界GP(現在のモトGP)で優勝したGP500クラスのマシンが登場。しかもNSR500にはエディ・ローソン、RGV500γにはケビン・シュワンツが乗ってデモ走行を行ったので、オジサン世代には涙ものです。さらにステージイベントではこの二人にさらにキングケニーことケニー・ロバーツも登場し、過去に参戦した鈴鹿8時間耐久レースの思い出などを語ってくれました。

4輪ではアイルトン・セナがステアリングを握ったトールマンTG184をはじめ、1987年鈴鹿で初めて開催された日本GPで優勝を飾ったフェラーリF187、そしてミハエル・シューマッハが乗ったベネトンB193AといったF1マシンをはじめ、マツダ767B、日産R91CPといったグループCのモンスターマシンも登場しました

レーシングマシンだけでなく、市販車で最高時速440km/hを記録したケーニセグOne:1やイタリアのスーパーカーブランド、パガーニのゾンタシリーズの最終軽であるゾンタレボリューションといったスーパーカーも登場。レーシングカーに負けないその迫力に圧倒されました。

本コース以外ではGPスクエアではランボルギーニカウンタックやフェラーリ365GT4デイトナなどが展示されたスーパーカーコレクション、そしてヨーロッパの高級車ブランドの過去の名車と最新のスポーツカーを展示し、来場者による人気投票を行うコンクールドエレガンスが開催されました。

また、Eパドックではスーパーカーパガーニゾンタにも装着されている高級カーオーディオのBEWITHによるサウンドコンテストを開催。さらに麻をスピーカーに使用した最新のスピーカーシステムを発表しました。

今年初めて開催されたSUZUKA Sound of ENGINE 2015。来年は一体どんなエンジン音が響くのか楽しみです。

(文・写真:萩原 文博)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング