上質な内・外装が魅力のインプレッサ・スポーツ・ハイブリッド

clicccar / 2015年6月19日 11時2分

スバルXVに続いて、インプレッサ・シリーズでも約半数以上を占める(XV含む)インプレッサ・スポーツにハイブリッド仕様が追加されました。なお、発売開始は7月10日になります。

ボディサイズは全長4420☓全幅1755☓全高1490mmで、ハイブリッド化により全高が25mm高くなり、最低地上高は逆に15mm下げられているほか、専用エクステリアにより全幅も15mm拡幅。全長とホイールベースは変わっていません。

エクステリアでは、ハイブリッド専用となるワイド&ローを強調したフロントマスクや、205/50R17から215/50R17に大径化されたタイヤ、専用サイドシルスポイラーなどを装備。

リヤでは空力性能を向上させるルーフエンドスポイラーを採用し、リヤコンビランプをLED化することで、ハイブリッドらしい先進性の演出も図られています。

全高が25mm高くなっていますが、ワイド化されたこともありよりダイナミックな外観となった印象を受けます。

ハイブリッド専用のブルー加飾が特徴のインテリアは、ピアノブラック調パネル、金属調加飾との組み合わせで上質感を演出。

さらに、上級グレードにはシルバーウルトラスエードやブルーステッチが用意され、高級感のあるインテリアを実現。前席パワーシートなどの人気装備も採用されています。

インプレッサ・スポーツ・ハイブリッドの価格ですが、「HYBRID 2.0i EyeSight」が250万5600円、「HYBRID 2.0i-S EyeSight」が263万5200円。

なお、エンジンは2.0Lの水平対向4気筒DOHC+モーターで、駆動方式は4WD、トランスミッションはリニアトロニックCVTです。

■インプレッサ・スポーツ・ハイブリッドが実用燃費を向上させてデビュー
http://clicccar.com/2015/06/17/312376

■インプレッサ・スポーツ・ハイブリッドは専用の足まわりセッティングで軽快感を狙う
http://clicccar.com/2015/06/17/312385/

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング