ダイハツが魅力的な2台のSUVコンセプトモデルを公開!

clicccar / 2015年8月26日 20時33分

今月20日に開幕したインドネシア国際オートショー2015で、ダイハツの合弁会社「ADM(アストラ・ダイハツ・モーター)」が2台のコンセプトカーをワールドプレミアしました。

 
(出展 GIIAS:Gaikindo Indonesia International Auto Show)

「FXコンセプト」は同社のコンパクトカー技術を活かした5人乗りの小型SUVで、オフロードもこなせるタフさと、先進的でダイナミックな外観を備えています。

(出展 ダイハツ工業)

1.2Lエンジンを搭載したFF仕様で、乗降性に配慮した観音開きのドアを採用。車両サイズは全長3,800mm×全幅1,690mm×全高1,580mm、ホイールベースは2,455mmとなっています。

もう1台の「FTコンセプト」はADMの最上級モデルをイメージした本格SUVで、3列シートを採用、7名が余裕で乗れる広い室内と、18インチホイールを採用したダイナミックで洗練されたエクステリアデザインが特徴となっています。

(出展 ダイハツ工業)

1.5Lエンジンを搭載したFRモデルで、車両サイズは全長4,350mm×全幅1,750mm×全高1,690mm、ホイールベースは2,685mmとなっています。

同社は昨年に引き続き「Fun with your Best Friend」をテーマに、インドネシアの顧客ニーズに応える現地最適商品の開発や、R&D・生産・調達面における一層の現地化に取り組んで行く構え。

両モデル共、魅力的なデザインでサイズも手頃なだけに、ぜひ日本国内での販売も検討して欲しいものです。

■GIIAS 2015(twitter)
https://twitter.com/GIIAS_ID?lang=ja

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング