FCVの「走り」をトヨタ・ミライがWRCで披露!

clicccar / 2015年8月26日 11時33分

トヨタ自動車が昨年12月に発売したFCV(燃料電池車)「ミライ」。

同車が21日、WRC(世界ラリー選手権)第9戦、「ラリー・ドイツ」で最初にスタートを切る「ファーストカー」役を果たしました。

(出展 WRC)

ドライバーは自動車評論家でお馴染みの国沢光宏氏。

車両は同氏が所有するミライにロールケージやバケットシートを組込んだもので、ブレーキパッド強化やラリータイヤの装着など、変更部位は必要最小限となっています。

燃料電池を含めてパワートレインにも変更が加えられていませんが、そこは海外でのラリー経験が豊富な同氏だけに、下りのスピードがのるシーンでは相当に気合の入った走りを披露できたようです。

(出展 WRC)

ちなみに水素充填は現地で調達したリンデ社の移動式水素充填車を活用した模様。

トヨタ「ミライ」は今年の9月から水素ステーションが設置されているイギリス、デンマーク、ドイツの3カ国で販売が開始される予定で、今回のWRC出走は前宣伝としての効果が期待できそうです。

■WRC Webサイト
http://www.wrc.com/en/wrc/news/august%20/mirai-stage-opener/page/2724–12-12-.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング