ダウンサイジングして燃費もパワーもアップ ─ フォード「フォーカス」画像ギャラリー

clicccar / 2015年9月16日 19時3分

フォード・フォーカスがビッグマイナーチェンジを受け、10月3日から発売されます。フェイスリフトだけでなく、エンジンを2.0LのNAから1.5Lターボの「EcoBoost」にダウンサイジング。

最高出力は10ps向上し、132Nm(180ps)/6000rpm、最大トルクは3.9kg-m向上の240Nm(24.5kg-m)/1600-5000rpmとなり、JC08モード燃費は12.0km/Lから14.3km/Lへとアップしています。

外観は新世代のフォード・グローバル・デザインDNAが注ぎ込まれたデザインになり、大型の台形グリルやエンジンフード中央部が隆起した「パワードーム」デザインを採用。

ヘッドランプもよりシャープな形状に変更されて精悍な顔つきになり、リヤのテールランプデザインも変更されてスポーティなイメージが強調されています。

インテリアでは、各種情報表示・設定を8インチのタッチスクリーンの操作や音声操作(対応言語:英語)で実行可能な「MyFord Touch/SYNC」の採用が注目点。

スポーティかつ先進性、上質感を感じさせるコックピットへ進化するとともに、車内の様々な装備や情報を一元化することで、よりシンプルで直感的な操作が可能になっています。

自慢の走りもさらに磨かれているそうで、ボディやサブフレームの剛性強化、サスペンションジオメトリーの最適化、ショックアブソーバーのチューニングによって俊敏性が向上されているとのこと。コーナーでの回頭性を高めるトルクベクタリングももちろん備わっています。

さらに、電動パワーアシストステアリングもダイレクトな接地感が得られるようになり、繋がりを感じ取れるようにリチューニングされているそうですから、走りを重視する人に支持されているフォーカスだけに、さらなるドライビングプレジャーを高めているものと期待できます。

■フォード・フォーカスがビッグマイナーチェンジで、1.5Lにダウンサイジング
http://clicccar.com/2015/09/14/326807/

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング