メルセデス・ベンツ「プレミアム・ミニバン」新型Vクラスを発表

clicccar / 2015年10月11日 11時33分

メルセデス・ベンツ日本は全面改良した『Vクラス』の受注を10月10日開始しました。
発売は2016年1月を予定しています。

ランナップは4モデル(V 220d TRAND/V 220d/V 220d AVANTGARDE Extra-long/V 220d AVANTGARDE long)で価格は535万~730万円。

   

今回パワートレインが2.2L直列4気筒ディーゼルターボエンジンに刷新されました。
燃費は15.3km/Lと先代(3.5Lガソリンエンジン)に比べて最大125%向上しています。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は東京・お台場で開催された発表会で

プレミアムミニバン市場を開拓Vクラスがモデルチェンジしました。先進の安全対策を施し、日本市場に向け専用開発したクリーンディーゼルエンジンを導入しました。ゆとりあるトルクを最大限に生かしつつ、燃費向上と快適性を向上させました

と新型Vクラスを紹介。

また、新型Vクラスでは純正アクセサリーが充実、「リアエンターテイメントシステム」や「センターテーブル」、「社内バイシクルホルダー」、「ターフ&カーテンセット」などファミリー、ショーファードリブン、スポーツなど様々なシーンでの機能性と快適性を高めています。

(川崎BASE)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング