280ps/380Nmの快速ワゴン「ゴルフRヴァリアント」の強烈な走り

clicccar / 2015年10月24日 19時3分

ゴルフ・オールトラックよりも2カ月ほど早く発表され、6月から納車がスタートしているゴルフRヴァリアント。

すでにワゴン離れした快足ぶりを堪能している方もいると思いますが、ハッチバックのゴルフR譲りの280ps/380Nmを誇る2.0L TSIエンジンと湿式の6速DSGを搭載し、フルタイム4WDが組み合わされています。

560ps/700Nmのモンスターワゴン、アウディRS6アバントなどと比べるとスペックはざっくり半分しかありませんが、十分な速さを味わえます。

乗り味はフォルクスワーゲンらしく硬めで、20mmローダウンされた専用スポーツサスペンションの装着もあって、ノーマルのヴァリアントよりもさらに突き上げも大きくなりますが、この「速さ」からすると許容できる引き締まり方といえるでしょう。

第2世代へと進化したアダプティブシャーシコントロールの「DCC」を「R」専用の「レース」モードもしくはシフトレバーをSレンジに入れると、アクセルレスポンスが高まるだけでなく、さらにダンパーの減衰力も高まり、より速さを実感できます。

コーナー手前などの減速時には心地よい音を発しながらブリッピングして素早いシフトチェンジが行われ、ワゴンに乗っていることを忘れさせるほどです。

同じ日にハッチバックのゴルフRと乗り比べることができましたが、リヤの追従性やボディの剛性感ではさすがにハッチバックには及ばないものの、こうして乗り比べでもしなければワゴンであることを感じさせないはず。

装備はもちろんフル装備であり、ゴルフ・ヴァリアントの最上級モデルでもある「R」は、ワゴンならではの実用性とスポーツドライビングを楽しめる贅沢なモデルに仕上がっています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング