DS60周年を記念した「DS3」、「DS4」、「D35」限定車3モデルを発売

clicccar / 2015年10月25日 19時3分

シトロエンから独立したプレミアムブランドという立ち位置の「DS」。

1955年のパリモーターショーでデビューした「シトロエンDS」は、従来の自動車デザインの常識を覆すもので、「宇宙船」と表現されたり、ハイドロニューマチックによる乗り心地は「空飛ぶ絨毯」といわれたりするなど、ユニークなモデルが多いシトロエンの中でも別格の存在感を放っています。

今回「DS Automobiles」のDS3、DS4、DS5に、それぞれブランド誕生60周年を記念した限定車「DS EDITION 1955」を設定し、11月7日から台数限定で発売することが発表されました。

ここでは、「DS3 EDITION 1955」について触れますが、その前に「DS EDITION 1955」の共通装備をご紹介します。

専用ボディカラーの「ブルーアンクル(濃紺)」とコーディネイトされるブラックルーフ、フロントゴールドエンブレム、専用60周年ステッカー(フロントドア/リヤゲート)、専用ホイールセンターキャップ(マットゴールド)、シリアルプレート、専用フロアマットのほか、通常3年のところ5年間のメンテナンスプランが付きます。

「DS3 EDITION 1955」は「DS」ブランドの中でも最もコンパクトでスポーティなBセグメントのDS3がベースで、わずか5台というレアな限定モデル。

DS3が持つプレミアムコンパクトのデザインに加えて、17インチアロイホイールを装着し、スポーティなムードを演出。

また、量販モデルに先駆けて、最新のパワートレインを搭載し、「エンジン・オブ・ザ・イヤー」に輝いた1.2Lの3気筒DOHCターボエンジン(110ps)に6速EATトランスミッションが組み合わされています。

「DS3 EDITION 1955」の価格は、296万円です。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング