いすゞ・フォワードにレーダーとカメラ併用の衝突被害軽減ブレーキ新設定

clicccar / 2015年11月12日 6時3分

いすゞ自動車株式会社は、中型トラック「フォワード」を一部改良、プリクラッシュブレーキなどの先進安全技術をオプション設定しました。

新発売される「フォワード」は、従来からの「車線逸脱警報」と「電子式車両姿勢制御システム」という先進安全技術に加え、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュブレーキ」、車間距離の接近を知らせる「ミリ波車間ウォーニング」を一部車型でオプション設定しているのが主な変更点となります。

センサーには、ミリ波レーダーとカメラを併用することにより、高い精度の検知機能を備えているというのがアピールポイントとなっています。

さらに、プリクラッシュブレーキ搭載車専用には、視認性・操作性の高いメーターやステアリングホイールを採用することで、ドライバーの負担を軽減、安全性を高めているということです。

(山本晋也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング