年上男性とのドライブデートでこれだけはしていけないこと!

clicccar / 2015年11月16日 20時33分

憧れの年上男性とのデート。自分が20代で相手が40代男性ともなると、あまりドライブデートをしたことがない人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな年上男性とのドラオブデートで、してはいけないNGシーンを紹介していきます。

■クルマを乱暴に扱う

40代男性ともなると、80%以上の人が自分用のクルマを持っています。クルマは高価なものであり、男性はクルマ好きの人がとても多いです。ドアを「バン!」と大きな音がするように閉めたり、車内を汚されたりするのは、男性からの評価はよくありません。自分のものではないので、そこは十分に配慮しましょう。

■スマホをいじる

今どきの20代女子は手が空いたり暇になると、すぐにスマホをいじってしまいがち。特にドライブデート中にスマホばっかりいじっているのは、男性からすると「つまらないのかな?」「せっかくのドライブなので携帯ばっかしいじるとか…」など、男性からの印象は最悪です。LINEを確認するくらいならまだわかりますが、スマホをいじりすぎるのは絶対にやめましょう。

■寝る

ドライブは意外と疲れるものです。特にデート帰りなどは、ちょっと気が抜けてきているというのあり、つい眠くなってしまうことも。ですが、そんなときでもグッとこらえましょう。助手席にいる人より、ドライバーのほうが運転もしているので、明らかに疲れているはずです。万が一寝てしまったら起きた際に「昨日緊張であまり寝れなくて」などのフォローの言葉を言いましょう。

■運転に口を出す

「まだ着かないんですか?」「その道で大丈夫ですか?」など、ドライバーにとって助手席にいる人から口を出されるのはとても嫌なことです。「だったらお前が運転しろよ!」と思うドライバーもいるほど。せっかく運転をしてくれているので、口を出すのは控えましょう。

■渋滞時に不機嫌になる

道がなかなか進まなかったすると、どうしてもイライラしてしまうものですよね。でも、助手席にいる人より、運転しているドライバーのほうがイライラするものです。渋滞は自分たちの力でどうにかなる問題ではありません。助手席にいる人の嫌な表情を男性が見たら、気分が下がってしまいますし、その後のデートに響くことも。渋滞しているときこそ、会話をしたりして渋滞のイライラ気分をなくしてあげましょう。

これらのことをするだけで、男性の気分は一気に落ちてしまうもの。「年上男性だから、多少のことはかわいく思ってくれて許してくれるかな」という甘い考えはなくしましょう。

(鈴木 唯)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング