メルセデス・ベンツ日本が新車価格の値上げを発表。値上げ幅は平均約1%

clicccar / 2017年12月31日 8時3分

メルセデス・ベンツ日本が12月28日、新技術導入や新サービス導入への対応などで、ラインナップモデルの価格を2018年1月1日より値上げすると発表しました。

12月11日の値上げ予告に続き、今回、車種毎の新価格を発表。同社はこれまで車両価格の上昇を回避するための企業努力を続けて来たそうですが、上記理由に伴い、今回の値上げに至ったとしています。

ちなみに、年初から値上げされる車種は以下のモデルとなっています。

「Aクラス」、「Bクラス」、「CLA」、「CLA シューティングブレーク」、「Eクラス セダン」、「Eクラス ステーションワゴン」、「GLA」、「GLC」、「GLC クーペ」、「GLE」、「GLE クーペ」、「GLS」、「Sクラス セダン」、「SL」、「SLC」、「メルセデス AMG GT」。

車両価格の改訂幅は「Aクラス」の場合+4~6万円、「Bクラス」が+4万円、「CLA」が+5~6万円、「Eクラス セダン」が+11~13万円などとなっており、全モデル平均では約1%の上昇となっています。

なお、「Cクラス(全モデル)」、「Eクラスクーペ」、「CLS(全モデル)」、「Sクラスクーペ/カブリオレ」、「Gクラス」、「Vクラス」、「smart(全モデル)」については今回の値上げ対象外となっています。

(Avanti Yasunori・画像:メルセデス・ベンツ日本)

【関連リンク】

メルセデス・ベンツ日本
https://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング