【ニューヨーク国際自動車ショー2018】2019年春に日本でも発売される5代目新型トヨタRAV4を披露へ

clicccar / 2018年3月28日 13時58分

新型トヨタRAV4の米国仕様が3月30日に開幕するニューヨーク国際自動車ショーで披露されます。日本への再登場も噂されていた新型RAV4は、2019年の春頃に導入予定とアナウンスされました。なお、新型RAV4の米国での発売は、2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)の予定。

5代目の新型RAV4は、「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」(SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)を開発コンセプトとして掲げています。

北米仕様のボディサイズは、全長4595×全幅1855×全高1700mmで、先代(4代目)よりも5mm短く、10mmワイド、5mm低くなっています。ホイールベースは30mm長くなり2690mmに。

外観は、真の「SUVらしさ」が追求され、タフで力強いアクティブさを充実させるだけではなく、初代がそうであったように、都会にもマッチする洗練されたデザインを重視。

トヨタの新しいクルマづくりの構造改革と位置づけられるアーキテクチャーの「Toyota New Global Architecture(TNGA)」を使い、ボディの高剛性化・低重心化を図っているほか、さらなる燃費性能と高い操縦安定性・走破性を目指して開発された新4WDシステムの「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をガソリンエンジン仕様に、新しい「E-Four」をハイブリッド車に新たに採用。

パワートレーンは、TNGAによる直列4気筒直噴エンジンの「Dynamic Force Engine(2.5L)」、8速ATの「Direct Shift-8AT」、THSⅡの2.5Lハイブリッドが用意されます。

エンジンの高トルク化により、アクセル踏み込み時のレスポンスや加速性能を大幅に向上させたほか、燃焼効率の向上、トランスミッションの高効率化により、優れた動力性能と低燃費を両立させたとしています。

現行プリウスから採用された「TNGA」はモデルが出るごとにアップデートされ、さらにパワートレーンも次世代にスイッチすることで、新型RAV4はトヨタの底力を存分に味わえるはずです。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング